トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

農作物病害虫発生予察注意報第1号(斑点米カメムシ類の多発生)を発表します

令和2年6月30日  今年は、斑点米カメムシ類(以下、カメムシ類)が、県下全域で平年の約3倍と多く発生しています。特にクモヘリカメムシが暖冬の影響により急増しています。このことから、水稲の品質に影響する斑点米が多発生する恐れがあります。
 このため、下記の通り注意報を発表しましたので、お知らせします。

                    記


1 発生予察注意報発表日
   令和2年6月30日(火)


2 発生予察注意報発表の主な根拠
(1)雑草地におけるカメムシ類の発生が多い
    1地点あたりの雑草地すくいとり調査結果(6月下旬、計25地点調査)
    今年36.9頭  平年12.1頭  前年9.5頭

(2)クモヘリカメムシの急増
    フェロモントラップ調査結果
    発生確認地点数40地点中19地点(全体の47.5%)
    1地点における7日間の最高捕獲数111頭


3 防除対策
(1)雑草対策によるカメムシ類の増殖抑制、水田への侵入防止
   ・7月上旬までに畦畔や水田周辺、オオムギ刈り跡圃場の草刈りを徹底し、
    カメムシの繁殖を抑える。ただし、出穂期頃の草刈りはカメムシ類の水田
    内への侵入を助長するので行わない。
   ・水田内の雑草は、カメムシ類の水田内への侵入を助長するので除草を徹底
       する。

(2)農薬による防除
   ・農薬を適期(粉剤・液剤の場合、1回目は穂揃期〜乳熟期、2回目は糊熟初
    期)に散布しカメムシ類を防除する。農薬散布後も水田内にカメムシ類の
    発生が多い場合は、追加防除を行う。

※注意報の詳細は、別添「令和2年農作物病害虫発生予察注意報第1号」を参照してください。


4 注意報及びカメムシ類の生態、発生状況に関する問合せ先
  福井県農業試験場 病害虫防除室 酒井、高岡
           電話番号 0776−54−9315(直通)
印刷用 印刷用ページ 添付資料 連絡先
流通販売課
担当者: 前川、水澤
電話: 0776-20-0419
代表(内線): (内)3024
メール: ryutsu@pref.fukui.lg.jp
紹介: http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/021033/index.html
記事ID: 29X3081593137356f9

一覧 22887  件中 21 〜 40 件目

2020年8月5日 2020年8月4日 2020年8月3日 2020年7月31日

←前頁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次頁→

〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!