トップページに戻る

報道発表資料

トップページ > 報道発表資料トップ

幼児教育から小学校教育への接続講座(3) 開催

令和元年7月18日  県幼児教育支援センターでは、今年度、「学びに向かう力を発揮するために」というねらいのもと「幼児教育から小学校教育への接続講座」を全5回開催します。
 第3回は、スタートカリキュラムを学校経営の柱の一つとして実践した事例を通して、カリキュラム・マネジメントについて学びます。スタートカリキュラムは、小学校に入学した児童がスムーズに学校生活へ適応していけるように編成した入学当初のカリキュラムのことです。安心して学校生活をスタートさせ、幼児教育で培った力を土台としてさらに自己の力を発揮するために、新学習指導要領に各学校での作成が明記されました。
 幼児教育から小学校教育への接続に力を入れている横浜市から、横浜市立池上小学校 寳來生志子校長を迎え、学校全体としてのカリキュラム・マネジメントのあり方を、保育所、幼稚園、認定こども園、小学校の先生方が共に考えていきます。
 
                 記

1 日時 令和元年7月25日(木) 14:00〜16:30

2 会場 福井県生活学習館多目的ホール
     (〒918-8135 福井県福井市下六条町14−1)

3 内容 14:00〜  開会挨拶 本日の講座について
     14:05〜  グループごとの自己紹介
     14:20〜
       横浜市立池上小学校
        「スタートカリキュラム授業研究会」に参加して
         福井大学大学院 岸野 麻衣 准教授
     14:35〜
       講演・グループワーク
        「子どもの思いや願いを実現するカリキュラム・マネジメント」
        講師:横浜市立池上小学校 寳來 生志子 校長
     16:10〜  質疑応答、アンケート記入、閉会


4 参加者 県内保育士・幼稚園教諭・保育教諭、小学校教諭、市町行政担当者等

5 講師プロフィール
   【寳來 生志子氏】
    <現  職>横浜市立池上小学校 学校長
    <経  歴>平成14〜23年度
           横浜市立大岡小学校において、生活科や総合的な学習の時
          間の実践を全国に発信
          平成22〜23年度
           同校副校長として学校経営にあたる。
          平成24〜28年度
           横浜市こども青少年局担当課長として、スタートカリキュ
          ラムの推進を担う。
          平成29年度より現職
          「小学校学習指導要領解説 生活」の作成協力者
印刷用 印刷用ページ 添付資料 連絡先
義務教育課・幼児教育支援センター
担当者: 海道、松枝、青木、寺下
電話: 0776-20-0732(県庁)、0776-41-4231(センター)
代表(内線): 0776-21-1111(4182)
メール: youji-c@pref.fukui.lg.jp
記事ID: a9Lbcd1554709321F7

一覧 29825  件中 1 〜 20 件目

2019年8月16日 2019年8月15日 2019年8月14日 2019年8月13日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次頁→

〒910-8580 福井県福井市大手3-17-1
電話:0776-20-0220 報道発表資料に関するお問い合わせはこちらまで
各報道資料に関するお問い合わせは連絡先までお願いします

Valid XHTML 1.0! Valid CSS!